追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

御前崎市・水素製造拠点調査費 支出取りやめ 「時期尚早」水や電力確保に課題

 御前崎市が2021年度に着手した御前崎港への水素製造拠点の建設に向けた調査について市は25日、22年度一般会計当初予算に計上していた詳細調査費2千万円の支出を取りやめると明らかにした。21年度の可能性調査の結果、製造に必要な水や電力の確保などに課題があると判断したため。市議会は同日開いた臨時会で、2千万円のうち1千万円を新たな再生可能エネルギー関連事業費に組み替える補正予算案を原案通り可決した。
 市は22年度に用地選定作業を進める予定だったが、21年度の調査結果を基に「時期尚早」と判断し、業者への調査委託を見送った。事業としては廃止せず、有識者の意見を聞くなど引き続き建設に向けて検討する。
 新たな再生エネ関連事業では、公共施設に設置した太陽光発電の有効活用法を探る。施設同士の電力融通が可能かどうかなどを調査するため、資源エネルギー庁の補助事業に応募する。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む