テーマ : 御前崎市

地域担任に「はじめまして」 御前崎の浜岡中、企業経営者らと交流

 御前崎市立浜岡中(同市池新田)の「地域担任」と生徒の本年度最初の面談が21日、同校で行われた。地域担任は同市内の企業経営者や市職員ら約30人が務め、年間を通じて受け持ちの生徒と交流する。

名刺と自己紹介カードを交換する「地域担任」と生徒=御前崎市池新田の浜岡中
名刺と自己紹介カードを交換する「地域担任」と生徒=御前崎市池新田の浜岡中

 社会に開かれた学校を目指す独自の取り組みで、昨年度から始まった。より多感な時期とされる2年生が対象。同校から委嘱された地域担任は年4回ほど学校を訪問し、担当の生徒数人と会話を交わす。
 同日は初対面で、生徒は自己紹介で自分の部活動や趣味、将来の夢などを話した。地域担任も名刺を手渡し、早速自身の経験などを伝えた。長谷川延明校長(59)は「新型コロナウイルス禍で生徒の生活範囲は狭くなっている。地域に目を向け、社会で必要な力は何かを学んでほしい」と語った。
 同校によると、昨年度は生徒から「話を聞いてもらえて良かった」という声が多く、教員以外の大人との交流に一定の効果が見られた。生徒から悩みを打ち明けられた地域担任が学校に「しっかりと対応してあげてほしい」と伝えるケースもあったという。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む