特徴豊か 楽しみ方自在 女優・熊谷真実さん【お茶と私】

 父の実家がある福岡で夏休みを過ごした幼少期、祖母が入れてくれる番茶がとてもおいしかった。これがお茶との出会いでした。

くまがい・まみ 女優。2020年に浜松市に移住。浜松市やらまいか大使を務める。
くまがい・まみ 女優。2020年に浜松市に移住。浜松市やらまいか大使を務める。

 大人になってからはマイボトルを常に持ち歩き、一日中お茶を飲むようになりました。自分で飲むお茶は自分で入れるのが一番。凝り性で、毎日異なるハーブティーを楽しんでいます。肌荒れの時はハトムギを配合したり、体を温めたい時にはヨモギを入れたり、体調に合わせてブレンドします。
 浜松に引っ越してからは、日本茶をいただく機会が増えました。深蒸し茶が大好きで、無農薬や特別栽培の茶葉をいろいろな温度帯で飲んでいます。ストレートな味わいの一煎目、やわらかく感じられる二煎目と、それぞれ特徴があるのもおもしろいですね。
 リーフ茶の消費が低迷していると聞きます。おしゃれで個性的な茶器とセットで売るなどして、若い人に急須で入れるスタイルがかっこいいと感じてもらえれば、人気向上につながるのではと思います。
 埼玉や九州など他産地のお茶もおいしいけれど、静岡のお茶には独特の甘みがあるように感じます。掛川城公園内で飲む抹茶もとてもおいしい。
 レストランでは料理と共にグラスで楽しみ、自宅では急須で入れて食後にほっとできる。そんなお茶の魅力を発信していきたいと思います。(談)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ