テーマ : 御前崎市

砂売買「不適切」 御前崎市で市民ら監査請求

 御前崎市の池新田財産区が所有する土地の砂の売買契約が不適切だったとして、同市池新田の長島孝さん(62)ら市民9人が1日、市監査委員に財産区管理者の柳沢重夫市長らに契約の無効化などを求める住民監査請求を行った。
 請求者の代理人弁護士によると、2019年8月と20年2月に柳沢市長と市内の砂利採取業者が結んだ契約で、砂が随意契約で長年の慣習という1平方メートル当たり千円の面積換算で業者に売却された。県建設資材等価格表を参考にした相場より大幅に安くなるという。
 19年8月の契約は相場価格と実際の売却価格の差額を損害として賠償し、20年2月の契約は取り消すか無効にするべきと主張している。
 同市の鈴木雅美総務部長は「請求書を見ていないので現時点ではお答えできない」とコメントした。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む