追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

地方創生SDGs金融表彰受賞 御前崎など5市町と島田掛川信金

 内閣府はこのほど、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向けた地方公共団体と金融機関の取り組みをたたえる「地方創生SDGs金融表彰」の表彰式をオンラインで行った。県内からは若者の地元就職と企業の雇用確保につながるプロジェクトを創設した、御前崎市など5市町と島田掛川信用金庫が受賞した。

内閣府から表彰された柳沢市長(左)や伊藤理事長(右)ら=御前崎市役所
内閣府から表彰された柳沢市長(左)や伊藤理事長(右)ら=御前崎市役所

 受賞したのは他に牧之原市、藤枝市、川根本町、吉田町。各市町は、教育資金を同金庫から借り入れ、大学や専門学校などを卒業後に地元に定住して就職した人を対象に、借入金の利息分などを助成する。こうした助成制度を利用する若者に向けては、専用のホームページやSNSでインターンシップ(就業体験)や説明会といった地元企業の情報を発信する。御前崎市では既に18~19歳の21人と企業約90社がプロジェクトに登録済みという。
 5市町を代表して柳沢重夫御前崎市長は「今後も自治体と金融機関、企業が一体となって取り組みを加速させたい」とあいさつし、同金庫の伊藤勝英理事長は「企業が雇用を守り、税を納める好循環につながれば」と語った。
 同表彰には全国から59件の応募があり、他に横浜市や鳥取県など4件20団体が受賞した。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む