歯ごたえと香りが特徴 セロリ出荷基準を確認 浜松で目ぞろい会

生産者がセロリの出荷基準を確認した目ぞろい会=浜松市西区のJAとぴあ浜松北地区支店
生産者がセロリの出荷基準を確認した目ぞろい会=浜松市西区のJAとぴあ浜松北地区支店

 JAとぴあ浜松(浜松市東区)は25日、地域特産のセロリの目ぞろい会を西区の北地区支店で開いた。
 ハウス栽培二期作の出荷が始まったセロリのサイズや品質などについて、生産者とJA職員が出荷基準を統一した。京浜、中京、関西の主要5市場とオンラインで結び、市場関係者が生産量や単価などの情勢を報告。料理レシピサイトでのPRなど、コロナ禍における販売促進の方針も確認した。
 昨年11月上旬に始まった今季の出荷は5月まで続き、4月に盛期を迎える。生産量は前年をやや下回る見込みという。管内の生産者は73人で、冬から春の生産量は日本一を誇る。歯ごたえと香りが特徴で、サラダや炒め物に使われる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ