テーマ : 御前崎市

旧タービン車軸 クリアランス認可 中部電力浜岡原発

 中部電力は24日、停止中の浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の旧低圧タービンの車軸3本(計約334トン)について、放射性廃棄物として扱う必要のない「クリアランス物」として原子力規制委員会に認可されたと発表した。
 車軸は1本の長さが10・7メートル、直径は1・3メートルで低合金鋼。敷地内に保管し、資源として再利用する方向で検討する。
 車軸は2020年6月に認可を申請し、放射能濃度の測定を経て人体に影響がないことが確認された。中電は旧低圧タービンの動翼部分も認可を目指すとしている。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む