追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

認知症高齢者等に優しいお店 浜松いわた信金三和支店を認証 浜松市が第1号証明書

 浜松市は23日、本年度開始した「市認知症高齢者等に優しいお店・事業所認証事業」の認証第1号として、浜松いわた信用金庫三和支店(南区)に証明書を交付した。

認証証明書を手にする鈴木支店長(右)=浜松市役所
認証証明書を手にする鈴木支店長(右)=浜松市役所

 認証事業は、認知症の人と家族が安心して暮らせる地域形成が目的。認証を受けるには正規従業員の4分の1以上が「認知症サポーター」となり、優しい対応や声かけを実施するなど一定の要件を満たす必要がある。認証店・事業所は、市ホームページに掲載してPRする。同支店は全職員が同サポーター養成講座を受講するなど、認知症の来店客らに配慮した店舗運営を進めているという。
 市役所で実施した交付式では、山下昭一健康福祉部長が鈴木恒安支店長に認証証明書とステッカーを手渡した。鈴木支店長は「認証のモデル店舗として精進してまいりたい」と抱負を述べた。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む