追っかけわたしの特集

特集 : 御前崎市

御前崎の消防団 第7分団を解団

 御前崎市の新野原、朝比奈原、比木原地区を管轄する市消防団第7分団の解団式が20日、同市上朝比奈の詰め所で行われた。

柳沢市長(左)に分団旗を降納する御前崎市消防団第7分団の団員ら=同市上朝比奈
柳沢市長(左)に分団旗を降納する御前崎市消防団第7分団の団員ら=同市上朝比奈

 同分団は旧浜岡町時代の1963年に発足した。団員数の減少に伴って2020年10月から今後のあり方を検討した結果、廃止が決まった。21年度の団員は17人。このうち5人は退団し、残る12人は第4、5分団に編入する。
 式典では中嶋志津男分団長(36)が分団旗を柳沢重夫市長に降納した。本年度で退団する中嶋分団長は「自分を成長させてくれた第7分団の解団は感慨深い。経験したことを生かして進んでいってほしい」と他の分団に編入する後輩団員にエールを送った。
 市消防本部は貯水槽を7分団の管轄区域に新設し、解団後も消防力の維持に努める。

いい茶0

御前崎市の記事一覧

他の追っかけを読む