10議案を可決 書面決議で総代会 狩野川漁協

 狩野川漁協は13日、通常総代会を伊豆の国市の漁協事務所で開き、書面決議で2022年度事業計画など10議案を可決した。

事業計画などを可決した通常総代会=伊豆の国市の狩野川漁協事務所
事業計画などを可決した通常総代会=伊豆の国市の狩野川漁協事務所

 事業計画の基本方針には、組合の構造改革と経営体質の強化▽積極的な誘客事業の展開▽環境対策のさらなる推進-の3点を掲げた。井川弘二郎組合長は21年度の純利益が約300万円となったことを説明し、「コロナ禍で状況は厳しいが釣り人は少しずつ戻ってきている。今後は放流事業の拡大を考えたい」とあいさつした。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ