沼津港航路水門 びゅうお定期点検

 静岡県沼津土木事務所はこのほど、南海トラフ地震などの緊急時に確実に機能するよう沼津市の沼津港航路水門「びゅうお」の定期点検を行った。

定期点検のため扉戸を下ろしたびゅうお=沼津市の沼津港
定期点検のため扉戸を下ろしたびゅうお=沼津市の沼津港

 高潮などの異常気象を想定し約30分かけて扉体を下げる電動降下を行った。施設内の地震計が震度5強以上の揺れを感知したり、Jアラートで津波警報が発出されたりした場合に約3分で閉鎖する自重降下も実施し、動作を確認した。電動降下では通行人らが見守る中、幅40メートル、高さ9・3メートル、重さ406トンの扉体が下ろされた。
 びゅうおは津波対策のため2004年に建設された。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ