シニアの就職支援 浜松市役所に窓口 市とハローワーク連携

 浜松市とハローワーク浜松は4月1日、シニア世代の就職を支援する窓口「シニア専用デスク」を市役所2階ジョブサポートセンター内に開設する。相談者個々の事情に応じて多様な求人情報を提供し、ワンストップで就労に結びつける。
 おおむね55歳以上で市内企業への就労を希望する人が対象。ハローワークの担当者が相談に対応し、必要があれば市が企業側と調整するなどして、求職者の希望条件に沿った求人の発掘を図る。人生設計やスキルアップに関するセミナーも開催し、働き方を考える参考にしてもらう。市とハローワークの連携でシニア世代の就労支援窓口を設けるのは県内初の試みだという。
 再就職を希望するシニア世代は増加傾向。ただ、勤務時間や自分の経験を生かせる仕事などの希望に合う求人は見つけにくく、実際の就労数は伸び悩んでいる。市はよりきめ細かな支援体制を整え、就労ニーズと求人のマッチングを目指す。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ