ママ目線で魅力投稿 富士、富士宮、長泉の市民記者 初の連動企画

 富士、富士宮、長泉の3市町で、それぞれ魅力発信に取り組む団体が初の連動企画として富士山の日の23日、「わたしのまちでみつけた富士山」を一斉に公開した。ママ目線で地元の“富士山”を伝えている。

ふじ応援部の投稿
ふじ応援部の投稿
ふじのみやハハラッチの投稿
ふじのみやハハラッチの投稿
長泉ママラッチの投稿
長泉ママラッチの投稿
ふじ応援部の投稿
ふじのみやハハラッチの投稿
長泉ママラッチの投稿

 3市町の「ふじ応援部」「ふじのみやハハラッチ」「長泉ママラッチ」は子育て世代の女性らが市民記者として地域の情報を取材し発信している。
 連携に向けた交流会に取り組む中で、各エリアに共通する「富士山」をテーマにそれぞれ視点でホームページなどに投稿した。
 記事は午後2時23分に公開。ふじ応援部は、市内で撮影された富士山や富士山がデザインされたマンホール、富士山型グッズなどたくさんの写真を掲載。ふじのみやハハラッチは過去に投稿された富士山関連記事をまとめて掲載し、牧場や公園とともに姿を現す霊峰の存在を伝えた。長泉ママラッチは町内の高級食パン専門店「すでに富士山超えてます富士山長泉店」や鮎壷の滝を紹介した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ