“菜の花”に囲まれ愛誓う 南伊豆まつり会場で1年越しの結婚式 東京の青崎さん夫妻

 南伊豆町で開催中の「みなみの桜と菜の花まつり」会場で13日、「菜の花結婚式」が開かれた。昨年、中止となった同結婚式で挙式予定だった東京都足立区の青崎雄也さん(29)=埼玉県越谷市出身=と佳那さん(28)=裾野市出身=夫妻が、1年遅れで菜の花に囲まれ、永遠の愛を誓った。

菜の花畑をバックに誓いの鐘を鳴らす青崎雄也さん(左)、佳那さん夫妻=南伊豆町湊
菜の花畑をバックに誓いの鐘を鳴らす青崎雄也さん(左)、佳那さん夫妻=南伊豆町湊

 式は感染防止のため、2人の両親や岡部克仁町長ら最小限の出席者のみで開かれた。2人は菜の花畑に設けられたステージで指輪交換や結婚証明書への署名をし、誓いの鐘を高らかに鳴らした。
 2人は同町内に別荘を持つ新郎の両親から菜の花結婚式を聞かされ、応募した。雄也さんは「開催は難しいと思ったが、無事挙げられてうれしい」と喜び、佳那さんは「挙式でき、皆さんに感謝したい」と笑顔を見せた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ