テーマ : 熱海土石流災害

盛り土規制強化の改正法 国交相「早期施行望ましい」

 斉藤鉄夫国土交通相は10日の衆院予算委員会で、熱海市伊豆山の土石流被害を拡大させたとされる盛り土の安全対策を強化する改正法に関し、早期施行を目指す意向を示した。「二度と熱海市と同様の悲劇を繰り返さないためにも、施行はできる限り早期であることが望ましい」と述べた。立憲民主党の渡辺周氏(比例東海)への答弁。
 斉藤氏は改正案に関し、3月上旬の国会提出に向け、関係省庁と準備を進めているとした。規制の範囲を検討する調査などのため、公布から施行まで一定の時間を確保してほしいという自治体からの意見も踏まえ、施行時期を検討する。
 改正案は、都道府県などが指定する区域の盛り土を許可制とするなど全国一律の規制を導入する内容で調整中。無許可の盛り土や安全措置の命令違反の罰則も強化する。

いい茶0

熱海土石流災害の記事一覧

他の追っかけを読む