黄色のじゅうたん広がる 沼津・井田 高台からは花文字も

 沼津市井田で地域住民ら有志が植えた菜の花が見頃を迎えている。約2ヘクタールの田んぼに黄色のじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がり、訪れた人たちを楽しませている。

見頃を迎えた菜の花畑=沼津市井田
見頃を迎えた菜の花畑=沼津市井田
「井田」の花文字が浮かび上がった菜の花畑=沼津市井田(静岡新聞社小型無線ヘリ「ホーク」から)
「井田」の花文字が浮かび上がった菜の花畑=沼津市井田(静岡新聞社小型無線ヘリ「ホーク」から)
見頃を迎えた菜の花畑=沼津市井田
「井田」の花文字が浮かび上がった菜の花畑=沼津市井田(静岡新聞社小型無線ヘリ「ホーク」から)

 井田地区の菜の花畑は、地域資源を集めた「ぬまづの宝100選」の一つ。昨年10月にまいた種が、1月初旬ごろから開花した。「煌(きら)めきの丘」などの高所から見ると、「井田」という花文字が浮かび上がる。市観光戦略課によると、見頃は今月下旬ごろまでの見込み。11日に開催予定だった「菜の花まつり」は中止した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ