テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 勝山宗一さん 中小企業のコロナ対策を冊子にまとめた

 静岡県内約800社が所属する県機械金属工業協同組合連合会の会長を務める。企業の新型コロナウイルス対策の検討や普及に取り組む。64歳。

勝山宗一さん
勝山宗一さん

 -冊子を作った経緯は。
 「新型コロナ感染拡大を、これまでにない経営リスクと感じた。各社で勤務形態や製品は異なっても、感染防止や社内で感染者が確認された場合の連絡手順などの対策は共通する。まとまったマニュアルが事業者の役に立つと判断し、連合会会員企業へのアンケートを基に作り上げた」
 -発行後の反応は。
 「非製造業や県外の企業、教育現場からも閲覧したいという声が寄せられ、励みになった。新たに改定版を制作し、出張や駐在など海外からの出入国に関する注意点を盛り込んだ。新型コロナ対策は常に変化していく。今後も情報をアップデートしたい」
 -静岡の機械金属工業の特徴とは。
 「東から西まで多様な企業が広がる総合力は大きな強み。原材料高騰など課題も抱えているが、培ってきた技術を活用して挑戦を続ける」
 -今後の抱負を。
 「現代は変化が早く『知らなかった』がリスクになる時代。工場見学などを通して企業同士の情報交換を強化し、相互の発展につなげたい」
     ◇
 シートベルトなどを作る会社の会長も務める。
 

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む