テーマ : 福祉・介護

沼津市が部署名変更 「障害」から「障がい」へ

 沼津市は4月1日付の組織改正に合わせ、担当部署名にこれまで使っていた「障害」を「障がい」に変更する。「害」の字にマイナスイメージを抱く人が多いとして、障がい福祉課と障がい者基幹相談支援センターに改める。
 昨年の市議会11月定例会一般質問の答弁で、頼重秀一市長が見直す考えを表明していた。行政文書や広報誌など早急に対応できるものは変えていく。市は同日付で、2023年に迎える市制100周年に向け、政策企画課内に市制100周年記念事業推進室を設けることなども決めた。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む