テーマ : 福祉・介護

ICT導入の健康づくりは 静岡県「通いの場」 オンラインで意見交換

 静岡県は25日、オンラインで「通いの場」交流会を開催した。認知症カフェなど高齢者の社会参加を支援している団体や自治体の関係者ら127人が参加し、ワークショップでICT導入の課題点などの意見交換をした。

互いの意見を交換するオンライン交流会=静岡市葵区
互いの意見を交換するオンライン交流会=静岡市葵区

 新型コロナウイルス感染拡大による生活様式の変化に対応した健康づくりを推進するのが狙い。ワークショップでは互いの活動やICT導入における問題について課題を共有した。
 参加者からは「世代間交流が重要」「スマホを目的達成のためのツールとして伝えると良い」などの意見が出た。県の担当者は「期待感はあった。今後もオンラインによる多様な活動の場づくりを支援したい」と話した。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む