最多877人 19日の静岡県内、クラスター4件【新型コロナ】

 静岡県内で19日、過去最多となる877人の新型コロナウイルス感染が新たに確認された。昨年8月19日の675人を更新した。浜松市や沼津市で計4件のクラスター(感染者集団)が発生した。静岡市では、既に公表した感染者のうち、21人のオミクロン株感染が判明した。

静岡県内の新型コロナウイルス感染者(19日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(19日現在)

 発表された新規感染者は、浜松市が過去最多の252人、静岡市が148人、県が477人。県によると、入院しているのは92人で、病床使用率は20・3%。重症者は1人。自宅療養者は3100人となっている。
 新たにクラスターが判明したのは、浜松市の障害者グループホーム、沼津市と三島市の高齢者施設、藤枝市の学校。
 感染力の強いオミクロン株の影響で年明け以降、デルタ株が流行した第5波以上のペースで感染者が急増し、学校や会食でクラスターが多発している。
 県は不織布マスクの着用などを求めた上で「のどの痛みや鼻水など軽い症状が多く、受診に結び付きづらい。症状が出たら、早めの受診や会社を休むなどの対応をしてほしい」と呼び掛けている。
 県内の累計感染者は3万1428人(再陽性者を含め3万1429人)。

いい茶0
メールマガジンを受信する >