追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 米山圭一郎さん(熱海市) ビジネスプランの授業を推進する

 伊東商業高3年生が選択で取り組む課題研究「生活に役立つ経済学」の担当教諭として、2014年度の立ち上げから指導する。地域課題の解決に向け、生徒たちがビジネスプランを考案し、企業などと協同で商品開発につなげる活動が評価を受けている。50歳。

米山圭一郎さん
米山圭一郎さん

 ―近況は。
 「日本政策金融公庫のビジネスプラングランプリで全国唯一、6回連続の複数プラン入賞が決まった。商業高校フードグランプリ(伊藤忠食品主催)に初出場し、県勢として初の大賞を獲得することができた」
 ―地元への思いは。
 「地域の人たち、企業の人たちの協力のおかげで結果がついてきている。生徒たちには『感謝の気持ちを忘れてはいけない』と伝えている」
 ―生徒の姿勢は。
 「取り組みによって、コミュニケーション力や行動力が変容していく。高校生が普段は接する機会がない企業の関係者とやりとりすることで力が身に付く」
 ―今後の目標は。
 「ビジネスプラングランプリでの大賞を目指す。学校統合を控えるため、伊東商業として挑むのは今年が最後。最終的な目標は卒業生に将来、地元で起業してもらいたい。地域活性化に貢献する人材が育っていってくれればうれしい」
     ◇ 
 休日の家族とのショッピングが楽しみ。
 

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む