⚽DFヴァウド合流 J1清水エスパルス、外国籍選手初

 J1清水のブラジル人DFヴァウド(29)が17日、新型コロナウイルス対策の入国後の待機期間を終えて今季のチーム練習に初参加した。外国籍選手6人の中では最初の合流。今後、他の選手も順次加わっていく見込み。

チーム練習に合流した清水のヴァウド=三保グラウンド
チーム練習に合流した清水のヴァウド=三保グラウンド

 同日は2部練習が組まれ、報道公開された午前はフィジカルトレーニング中心。ヴァウドは時折笑顔を浮かべながら、リラックスした表情でメニューをこなした。
 10日間の待機期間はオンラインを活用し、フィジカルコーチの指導を受けるなどして過ごしたという。今季で加入3年目。「昨季終盤のように皆で一丸になれば、もっと良い結果が出るのではないかと思う。タイトルを目指したい」と語った。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >