追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

要約筆記で難聴者支援 静岡のサークル「のぞみ」に厚労大臣賞

 静岡市は17日、ボランティア功労者に対する厚生労働大臣表彰を受けた同市の要約筆記サークル「のぞみ」への表彰伝達式を市役所静岡庁舎で行った。

表彰状を受ける松永会長(右から2人目)=静岡市役所静岡庁舎
表彰状を受ける松永会長(右から2人目)=静岡市役所静岡庁舎

 同サークルは1992年2月に設立し、30年にわたり、耳の不自由な人のために会話などを筆記する要約筆記者の派遣や要約筆記の体験会を行っている。週1回程度、勉強会を開き、難聴者への理解促進や要約技術の向上を図るほか、筆記者の養成講座も開き、後進の育成にも取り組む。
 保健福祉長寿局の杉山友章局長から表彰状を受け取った松永博子会長は「手話に比べて知名度の低い要約筆記を多くの人に知ってもらい、気軽に利用してもらえるよう一層力を尽くしたい」と話した。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む