女子中学生にサッカー指導 ルクレMYFC、焼津で合同練習会

 東海女子サッカーリーグ2部のルクレMYFCと志太榛原中学校体育連盟女子サッカー部の合同練習会が15日、焼津市の藤枝MYFCサッカー場で開かれた。ルクレMYFC選手とスタッフ15人が藤枝市立高洲中、牧之原市立榛原中の選手、顧問ら27人に技術指導した。合同練習会は県内で数少ない公立中学の女子サッカー部の競技力向上などを目的に初めて開催した。

ルクレMYFCの選手とミニゲームを楽しむ中学生=焼津市の藤枝MYFCサッカー場
ルクレMYFCの選手とミニゲームを楽しむ中学生=焼津市の藤枝MYFCサッカー場

 参加者はボール回しで体を温めた後、ポジションごとに分かれて、1対1やドリブルからのシュート練習に取り組んだ。試合形式では、人数の多い中学生チームがルクレの選手からボールを奪うと、歓声が上がった。
 練習に参加した榛原中1年の鈴木伶采(りあ)さん(13)は「やったことがないメニューがあって難しかったが、優しく教えてもらった。攻める時のフェイントが参考になった」と笑顔を見せた。
 ルクレMYFCの副主将、MF成島梓選手(26)=常葉橘高出=は「(受け皿がなく)中学でサッカーをやめてしまう子は多い。上を目指す選手がもっと広がってくれればいい」と期待した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ