静銀が新株予約権融資 都内ベンチャーに グループ初

 静岡銀行は14日、株式公開を目指す将来性のある企業の新株予約権の割り当てを受け、必要資金を供給する新株予約権付き融資を、都内のアパレル関係のベンチャー、ファブリック・トウキョウに実行したと発表した。新株予約権付き融資は同行グループで初めて。
 ファブリック社はオンラインでスーツなどの仕様変更に対応し、消費者が自宅に居ながら衣服のカスタムオーダーが利用できるビジネスモデルを構築している。事業資金として2億円を調達した。
 静岡銀は一般的に資金調達手段が限られるとされるベンチャー企業への支援強化を重点取り組みの一つに掲げている。「ベンチャー企業個々で異なる事業局面に応じた最適な支援策の提案に力を注ぎ、地域経済の活性化につなげる」(経営企画部)としている。

いい茶0
メールマガジンを受信する >