テーマ : 福祉・介護

高齢者の健康づくり応援 ご当地体操、通いの場… 静岡県、情報集約サイト開設

 静岡県はこのほど、高齢者を中心とした県民の健康づくりに向けて、県内のご当地体操や通いの場の情報を集約したウェブサイト「ふじのくに むすびば」を開設した。コロナ下で高齢者らの社会参加の機会が減り、身体機能や認知機能の低下が懸念される中で、自宅でできる工夫の発信や地域の情報共有を図る。

健康づくりに取り組む地域の団体などを紹介したウェブサイト=県庁
健康づくりに取り組む地域の団体などを紹介したウェブサイト=県庁

 サイトには、減塩講座や体操の動画を集めた「健康劇場」と、居場所や認知症カフェなどの活動団体を紹介する「地域のすごし場」、健康情報や行政の取り組みを発信する「知識のまなび場」、生活支援やボランティアにつなぐ「支援のつなぎ場」の4項目を設けた。このうち地域の活動団体については、2021年12月末までに約300カ所の情報を掲載した。掲載団体も随時募集している。
 健康増進課の担当者は「通いの場に行けない人に自宅で体操をしてもらったり、地域の活動団体を知らなかった人の社会参加につながったりしてほしい」と話している。
 ウェブサイトは<https://www.musuviva.jp/>

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む