追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

介護施設にブティック 静岡市清水区「白扇閣」 北欧事例を参考に

 静岡市清水区の特別養護老人ホーム「白扇閣」(久保田和宏施設長)が、北欧施設の事例を参考にしたお年寄りのケアに取り組んでいる。お年寄りの「自己選択、自己決定」を大切にしようと、施設内に“ブティック”や“DIY”のコーナーなどを設けている。

ショートステイ利用者が自由に洋服を選べる「ブティックコーナー」=静岡市清水区の白扇閣
ショートステイ利用者が自由に洋服を選べる「ブティックコーナー」=静岡市清水区の白扇閣

 同施設では2018年に職員が北欧3カ国の高齢者施設を巡る研修に参加し、新型コロナウイルス禍でもオンラインを活用した北欧研修を実施した。研修先の施設にはお年寄りの尊厳を守るために自己決定を支える工夫が多くあり、同施設でも参考にした。
 ショートステイ利用者が館内で着る服を自由に選べる「ブティック」や、工具を並べ、木工などが楽しめる「DIYコーナー」を開設した。カフェコーナーではコーヒーや緑茶など好きな飲み物を選べる。今後は、歯ブラシなど日用品を選べるショップ風のコーナーも設ける予定。
 久保田施設長は「お年寄りが自己選択ができる場を増やし、家での日常に近い暮らしを送ってもらえるよう努めたい」と語った。

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む