リニア開業時期なお見通せず JR東海社長会見「対話十分に行う」【大井川とリニア】

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の水問題を巡り、JR東海の金子慎社長は22日、名古屋市で開いた定例記者会見で、国土交通省専門家会議で19日にまとまった中間報告を踏まえ、2027年の開業が困難になっている東京・品川―名古屋間の見通しに言及し「今の時点で開業の時期にめどが立ったということではない」と述べ、27年開業は困難との認識を改めて示した。静岡県や流域市町との協議に関しては「地域の理解と協力を得るためにさまざまな取り組みをしなければならない」と対話を十分に行う考えを強調した。

記者会見するJR東海の金子慎社長=22日午後、名古屋市
記者会見するJR東海の金子慎社長=22日午後、名古屋市

 県は中間報告後も、工事期間中に県外に流出するトンネル湧水の戻し方などの課題が残されているとして、南アルプストンネル県内区間で着工を認めず、JRと協議を続ける姿勢を変えていない。金子社長は「静岡工区の着工時期が見えず、全体の制約になっているので何とも言えない」とし、新たな開業時期の見通しは示さなかった。
 21日には、斉藤鉄夫国交相から流域住民の不安や懸念を払拭(ふっしょく)するよう指導があったばかり。金子社長は実測データの重視や分かりやすい説明など、「(国交省)有識者会議(専門家会議)で指導されたことを生かして円滑なコミュニケーションに努めたい」と述べた。

 ■JR東海 金子慎社長 一問一答
 22日に行われたJR東海の金子慎社長の定例会見での主なやりとりは次の通り。
 -国土交通省専門家会議の中間報告がまとまり静岡工区の着工のめどや開業の見通しは立ったか。
 「今の時点で開業のめどが立ったということではない。これから静岡工区は地域の理解と協力を得るためにさまざまな取り組みをしなければならない」
 -新たな開業スケジュールをどう決めるのか。
 「2027年の開業が難しいのは静岡工区が着工できないため。地域の理解と協力をいただいて進めたいが、そこの時期が見えず、全体の制約になっているので何とも言えない。クリアになれば整理して申し上げることができる」
 -流域の理解を得るためにどのような説明や対話が必要か。
 「中間報告にあるように、利水者らの水資源に対する不安や懸念を再認識し、流域市町や県と双方向のコミュニケーションを十分に行いたい。報告にもあったが、リスク管理とモニタリング(観測)の情報を(流域と)共有することが大切。しっかり取り組んでいかないといけない」
 -これまでの県との対話で具体的に何が不十分で、どう改善していくのか。
 「誠実に取り組んだつもりだが、県からデータの説明や取り扱いなどについて不信感を持たれた。(国交省)有識者会議(専門家会議)の委員から、実測データの重視や水収支解析(流量予測)の性格や限界を明らかにして議論を進めること、分かりやすい説明について助言、指導があった。これから県と話をする際にも、会議で経験したこと、指導いただいたことを生かして円滑なコミュニケーションに努めたい」

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ