川勝知事「事業者資金繰り支援、万全に」 全国知事会で国に要望

 川勝平太知事は27日、オンラインで開かれた全国知事会に県庁から参加した。新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した中小企業向けの制度融資について「返済時に厳しい局面に立たされる事業者が増加するに違いない」との見通しを示し、アフターコロナを見据えた事業者の資金繰り支援に万全を期すよう国に求めた。

 川勝知事は「(業績の)回復に時間を要する事業者が出てくると考えられる。こうした事業者を資金面でどう下支えするか、今の段階からしっかりと制度設計しておく必要がある」と主張した。
 ワクチン接種に関しては「日本は先進国の中で恥ずかしいぐらいに遅れている」と苦言を呈し、今後、市町の体制に混乱を生じさせる恐れがあると指摘。「国は供給と接種のスケジュールを連動させた方針を明示してほしい」と訴えた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0