「共同で富士山登山鉄道」理解 川勝知事、山梨側提案に

 静岡県の川勝平太知事は23日、山梨県の長崎幸太郎知事と御殿場市で会談し、富士山の山梨県側の麓と吉田口5合目を結ぶ「富士山登山鉄道構想」の説明を受けた。長崎知事から両県の共同プロジェクトにするよう提案があり、会談後「何事によらず、共同してやるのが2人の姿勢」と述べた。

富士山登山鉄道の車両走行イメージ(山梨県提供)
富士山登山鉄道の車両走行イメージ(山梨県提供)

 川勝知事は構想に関し「富士山の普遍的価値を高めるための方策として検討の可能性は十分ある」と理解を示した。世界遺産条約に基づく「遺産影響評価(HIA)」実施など富士山世界文化遺産学術委員会の求める手続きについて「長崎知事はしっかり踏むと言っている。私が異を唱えるべき理由はない」と語った。
 「最先端の技術を駆使して環境に優しい鉄道を構想しているとのこと」と受け止めを口にした。長崎知事は「鉄道を作る場合、恩恵は全ての富士山の周りに及ぶようにしたい」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >