静岡新聞NEWS

静岡大、浜松医科大が再編延期方針 静岡、浜松市「連絡ない」

(2021/1/22 17:32)

 静岡大と浜松医科大が2021年度に運営法人を統合して両大を再編し、22年度から新大学の入学者の受け入れを目指すとした統合・再編計画を延期する方針を固めたことについて、静岡、浜松両市は22日、いずれも「(現時点で)大学側から連絡は入っていない」とコメントした。
 田辺信宏静岡市長は同日の定例記者会見で延期方針について「直接は聞いていない」と述べた上で、「文部科学省は地元の理解を得ることを第一に考えている。静岡市は静岡大学将来構想協議会を設置して議論は続けているが、(統合・再編計画について)十分な賛同は得られてはいない」と指摘し、議論が深まるようサポートする考えを示した。
 浜松市は昨年10月に両大や地元経済界、市医師会などと「浜松地区大学再編・地域未来創造会議」を設立し、医療や工学、情報分野を融合した産業創出に向けて“オール浜松”で支援態勢を整えた。同会議の事務局を務める市の内藤伸二朗企画調整部長は「正式な発表が出ていない段階なので、コメントは控えたい」と話した。
 両大が19年3月に締結した合意書は、静大浜松キャンパスの2学部と浜医大で構成する浜松地区の大学と、静大静岡キャンパスの4学部を中心とする静岡地区の大学に再編することが柱。再編に関して静大静岡キャンパスを中心に反対論が根強く、同大と静岡市が設置した静岡大学将来構想協議会では再編の在り方について議論が続き、結論の出る時期が見通せない状況になっている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿