静岡新聞NEWS

住民参加で五輪機運再び 静岡県東部20市町 応援映像など企画

(2021/1/4 08:37)
大会への機運醸成に向け、住民が出演して作成されたムービーの出来栄えを確認する小山町職員ら。東京五輪開幕200日前の4日から公開する=2020年12月下旬、同町役場
大会への機運醸成に向け、住民が出演して作成されたムービーの出来栄えを確認する小山町職員ら。東京五輪開幕200日前の4日から公開する=2020年12月下旬、同町役場

 新型コロナウイルスの影響で開催が1年延期された東京五輪は4日で開幕まで200日。感染拡大が収まらず開催機運盛り上げに難しい対応を迫られる中、静岡県の呼び掛けに応じて東部全20市町が住民参加型の応援企画を計画している。メッセージの募集やオンラインを活用したPRなど、新たな生活様式を踏まえて住民の参画を呼び掛ける。
 県東部は自転車競技会場の自治体がある一方、伊豆南部などは聖火リレーも通過しないため、市町間で関心度に大きな隔たりがあった。県中部、西部と比べてホストタウン登録自治体数も少なく、五輪本番に向けて住民のもてなしの心を育てようと県と市町の連携で企画を進めている。県オリンピック・パラリンピック調整室は「この状況下でも、今できることを前向きに展開し、大会を成功させたい」と訴える。
 日本とカナダのフェンシングチームが事前合宿を行う沼津市は、市民の応援画像やメッセージでモザイクアートを作り、練習会場となる同市のプラサヴェルデに掲出する。米国バレーボールチームのホストタウンである三島市も、1~3月に応援動画などのコンテストを開催する計画。伊東市はパラリンピック競技のボッチャ体験会を予定するなど、いずれも本年度内に何らかの企画実施を目指す。
 自転車競技のロードレースでゴール地点となる小山町は、地元の自転車愛好チームやボランティアガイドなど約10人が“出演”し、町内のコースや沿道の見どころを紹介する13分間のムービーを作った。4日から、町役場と道の駅ふじおやまで放映するほか、町ホームページでも公開する。町オリンピック・パラリンピック推進局は「感染の恐れを防ぎながら、どうすれば町民の気持ちを一つに大会を盛り上げるか考えていきたい」と思案を巡らせる。

 ■都市ボランティア 8日まで追加募集
 県は8日まで、東京五輪・パラリンピック期間中に本県を訪れる観戦者らを案内する「都市ボランティア」を追加募集している。
 新型コロナウイルス感染拡大で大会開催が1年延期となり、当初参加を予定していた都市ボランティアの中には活動継続が困難になったケースも多い。このため、県は2020年10月から追加募集を行っていて、現状ではあと50人程度必要という。本県開催される自転車競技会場の最寄り駅などで、主に交通・観光案内を展開する。
 応募条件は、4月1日時点で18歳以上(高校生は不可)▽県が指定する全ての研修に参加可能な人▽大会期間中に連続3日間または5日以上の活動ができる人-など。問い合わせは県都市ボランティア事務局<電054(251)2518>へ。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿