静岡新聞NEWS

南アルプスの魅力、動画で解説 静岡県職員「YouTuber」発信

(2020/12/2 09:00)
「南アルプスを守るお話」と題して県職員が貴重な自然環境を解説した動画
「南アルプスを守るお話」と題して県職員が貴重な自然環境を解説した動画

 静岡県はユネスコエコパークに登録されている南アルプスの自然環境の保全につなげるため、インターネットでの情報発信を強化している。県職員が「ユーチューバー」として自然の美しさや特殊な地質を紹介する動画を自ら編集して動画配信サイトに投稿している。南アの環境保全を巡って県は、11月にふるさと納税の受け入れを始めたばかりで、世界的にも貴重な自然環境を誇る南アの魅力を県外や海外に発信していく。
 動画を撮影、編集しているのは自然保護課の山崎由晴さん(41)。9月以降、南アルプスに5回入って現地の状況を動画で撮影した。「南アルプスを守るお話」と題して秘境の紅葉や大井川上流の水の美しさを紹介する動画15本を県ホームページに掲載した。
 今後は海外発信を視野に入れた英語版なども計画する。山崎さんは「南アに行ったことがない人が大半だと思うが、動画を見て美しい自然があることをまず知ってもらいたい」と呼び掛ける。
 南アにはリニア中央新幹線の長大トンネルが建設される予定で、JR東海の予測によると、地下水位が300メートル以上低下する大規模な水枯れが想定される。11月の県有識者会議では、専門家から地下水位の低下が地形に影響を与える可能性も指摘された。
 県では南アの地形の成り立ちや特殊な地質を説明する動画も職員が発信している。構造地質学に詳しい生活環境課の諸橋良さん(45)が現地調査を踏まえた知見を生かし、非常に複雑な地質を自作のスライドで解説。地層に見立てた付箋を並べた写真も使い、分かりやすく紹介する。動画は「南アルプス大井川上流域における地質と地形の成り立ち」と題して9本を掲載するという。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿