静岡新聞NEWS

静岡市、桜ケ丘病院の移転先提示 JCHO、12月にも決定

(2020/11/27 17:29)

 静岡市の田辺信宏市長は27日の定例記者会見で、同市清水区の桜ケ丘病院の移転候補地として、市役所清水庁舎の移転先に決まっているJR清水駅東口公園と同公園南側の東口広場、駅周辺の民有地2カ所の計4カ所を病院運営元の地域医療機能推進機構(JCHO)に提示したと発表した。病院側によると、12月中にも移転先を決定するという。
 東口公園は敷地面積約7200平方メートルで、市の計画では新庁舎、にぎわい施設、立体駐車場を建設する予定になっている。病院側によると、市が提示したのは公園の一部約4300平方メートル。JCHOが同公園を選んだ場合、清水庁舎の移転計画は大幅に見直しを迫られることになる。
 田辺市長は「(病院は)老朽化が著しく、施設整備は緊急性が非常に高い。早期の移転新築など総合的に勘案し、新たな候補地を選んだ」と選定理由を述べた。
 病院側によると、民有地2カ所は東口の運送会社倉庫などがある1万平方メートル強の土地と、西口の約6千平方メートルの土地という。
 老朽化が進む同病院は12月に耐震補強の入札を控えている。市は病院側が望む清水区の医療体制を協議する組織を立ち上げた上で、具体的な移転候補地の選定を進めていた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿