静岡新聞NEWS

磐田市、農工連携へ懇話会発足 専門職大など12団体と

(2020/11/27 13:00)

 磐田市は26日、全国初の農林分野の専門職大として本年度市内に開学した県立農林環境専門職大や農業・工業など12団体と「未来の農業 連携懇話会」を発足すると発表した。農林業の革新を目指す人材を育成する同大の研究と市内企業のものづくり技術を結び付け、農工連携をはじめ産学官連携による新たな産業創出を促進する。12月18日に初会合を市内で開く。
 参加するのは専門職大と磐田商工会議所、市商工会、JA遠州中央、県温室農協磐田支所、県、企業など。事務局を市農林水産課が務める。
 これまで県立農林大学校とも連携を図ってきたが、農工関係団体を含めた新たな組織を立ち上げるのは初めて。農業者の高齢化や担い手減少が進む中、省力化や先端技術導入による生産性向上といった農業分野の課題を掘り起こし、解決に向けて大学の研究と企業の技術をマッチングする。
 懇話会は現場責任者が出席し、来年度以降は毎年1回程度の会合を持つ予定。渡部修市長は同日の定例記者会見で「企業などの参画で刺激を与え合い、新たな産業が生まれる。市としてそのコーディネートに取り組む」と話した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿