静岡新聞NEWS

自治会のデジタル化推進 島田市と連合会、TCNが協定

(2020/11/7 19:30)
自治会のデジタル化推進に向けて協定を締結した(右から)鈴木光速社長、染谷絹代市長、山田修兵島田市自治会連合会長=6日午後、島田市役所
自治会のデジタル化推進に向けて協定を締結した(右から)鈴木光速社長、染谷絹代市長、山田修兵島田市自治会連合会長=6日午後、島田市役所

 島田市と市自治会連合会、TOKAIケーブルネットワーク(TCN、本社・沼津市)は6日、自治会のデジタル化推進に関する連携協定を締結した。全68自治会を対象に市が機器や通信費用を補助し、TCNが導入サポートを行うことで自治会運営の効率化や利便性向上を図る。
 感染症対策を踏まえた情報通信技術の活用拡大を見据え、市はパソコンなど機器の整備に最大20万円、年間通信費の3分の1(上限2万円)を補助する制度を10月に開始した。TCNは専用のサポートデスクを設置して導入支援や活用事例の提案、モデル事業などを行い、将来的には行政手続きの一部を可能にすることも目指す。
 市役所で協定締結式があり、染谷絹代市長、自治会連合会の山田修兵会長、TCNの鈴木光速社長がそれぞれ協定書に署名した。染谷市長は「新型コロナに加え、災害なども想定し地域のネットワーク強化が必要」、山田会長は「役員のなり手不足など、多くの自治会が抱える課題の解決につなげたい」と述べた。
 TCNは来年1~2月をめどにインフラ整備を実施する方針。鈴木社長は「行政手続きなども可能になれば全国に先駆けたモデルになる。まずは会議のオンライン化などから進めたい」と述べた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿