静岡新聞NEWS

問われる理念、改革正念場 静岡大と浜松医大の法人統合・再編/浜松市の行政区再編

(2020/10/24 19:54)
ひづめ・かずゆき 専門は行政学。2017年4月から静岡大人文社会科学部長。次期学長としての任期は21年4月から4年間。長野市出身。
ひづめ・かずゆき 専門は行政学。2017年4月から静岡大人文社会科学部長。次期学長としての任期は21年4月から4年間。長野市出身。
国立大学法人・静岡国立大学機構(仮称)
国立大学法人・静岡国立大学機構(仮称)

 静岡大の次期学長に選出された日詰一幸人文社会科学部長(65)と浜松市の鈴木康友市長(63)が23日、それぞれ静岡新聞社の単独インタビューに応じた。正念場を迎えた大学改革と行政区再編―。いずれも課題が山積する中、理念と将来展望、リーダーシップが問われている。改革を先導する両氏に思いを聞いた。

 浜松医大との法人統合・再編▶枠組みは他大連携も視野
 日詰一幸氏は浜松医科大との運営法人の統合・大学再編について「まずは法人を統合し、再編の方向性は県内の他大学との連携も視野に入れ、大きな枠組みでビジョンを描いても良いのでは」と述べた。浜医大との合意書では、両大を静岡と浜松の地区ごとに再編して2022年4月から入学者の受け入れを目指すとしているが、日詰氏は「どういう再編の形をつくれば良いのか、ある程度時間をかけた方が良いというのが私の考え」とした。
 日詰氏は、19年3月に両大が署名した合意書について「破棄するとは一度も言っていないし、尊重する」と説明。18歳人口が減り、社会の構造も変化しているとして「法人の統合は不可欠。ぜひとも実現すべき」とした。一方、再編については「一度大学を割ってしまうと、なかなか元の形には戻せない。現在の大学をそれぞれ残しつつ、一体化した法人の下で他大学を含めた連携の可能性や、どのような再編ができるかを考えるのが良いのでは」と持論を語った。
 国が中央教育審議会の「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン」を踏まえた国立大学改革方針を示す中、日詰氏は浜医大との向き合い方について「両大の思いを前提にしながら、20年先の大学の姿を共有し、そのためのステップをどう踏んでいくべきか、今野弘之学長と話し合いたい」と語った。学内の教員との対話を重視する考えも強調した。
 静大と浜医大の合意書によると、21年度をめどに新法人を設置。静大静岡キャンパスの4学部が中心の静岡地区の大学と、同大浜松キャンパスの2学部と浜医大でつくる浜松地区の大学に再編する。

 浜松市の行政区再編▶年度内に一定の結論期待
 鈴木康友浜松市長は最重要課題と位置付ける行政区の再編について、市議会が区割り案などを絞り込む時期として「私の気持ちとしては早い方がいい。年度内というのは一つの目安になる」と述べるとともに、現状では議会の今後の検討状況を見守る考えを示した。
 市議会は全員協議会で「再編は必要」と結論付けたが、再編を協議する特別委は区割り案検討などのスケジュールを決めていない。新行政区への移行には条例制定や準備作業が必要なため、一部会派は「年度内に区割り案をある程度絞り込むべき」と主張している。
 鈴木市長は「やはり(スケジュールの)めどは必要。年度内に一定の結論を出すというのは正しい選択だと思う」と強調した。議会側から区割りが提案されるのを待つ姿勢も示し、市が提案せずに議会主導で検討が進むことも「私は全く問題ない」と述べた。
 静岡大と浜松医科大の法人統合・大学再編に向け、市は同日、地元経済界や医師会代表者らと設置した「浜松地区大学再編・地域未来創造会議(仮称)」の初会合を28日に開くと発表した。鈴木市長は「大学再編を進めるには地元の思いや声が大事だが、浜松市ではまだ表に出ていない」と説明し、大学再編に対する関係者の思いを一つにまとめる場とする考えを示した。
 静大浜松キャンパスの2学部と浜医大でつくる浜松地区の大学では、医学、工学分野などで産学官の連携強化が求められている。鈴木市長は「医療の成長産業化を進める拠点になる。未来志向で議論を進めるべき」とし、再編が計画通りに進むよう期待した。

 <メモ>浜松市の行政区再編 2019年4月の住民投票で21年1月1日までに現行7区を3区にする市の再編案が反対多数となった一方、再編自体は賛否が拮抗(きっこう)した。この結果を踏まえ、市議会は再編を検討する特別委を再設置。20年9月、全議員の意思確認として全員協議会での無記名投票を実施し、「再編は必要」と結論を出した。今後は市民への経緯説明を行うとともに、特別委で再編の具体案の議論を進める見通し。

すずき・やすとも 企画会社経営を経て2000年から衆院議員を2期務めた。07年に浜松市長に初当選し、現在4期目。慶応大卒。
すずき・やすとも 企画会社経営を経て2000年から衆院議員を2期務めた。07年に浜松市長に初当選し、現在4期目。慶応大卒。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿