静岡新聞NEWS

東京一極集中脱却の好機 静岡県東部10首長と知事、連携確認

(2020/10/20 11:50)
県東部10市町長と川勝平太知事(中)が意見交換した地域サミット=19日午後、県庁
県東部10市町長と川勝平太知事(中)が意見交換した地域サミット=19日午後、県庁

 静岡県東部6市4町の首長と川勝平太知事による東部地域サミットが19日、各市町と県庁を結んだウェブ会議で行われた。新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク導入などの社会変化を「東京一極集中脱却の好機」と捉え、県と市町が連携を強化していくことを確認した。
 市町長が順次、県に対する意見や提案を述べた。このうち、沼津市の頼重秀一市長と富士宮市の須藤秀忠市長はテレワーク推進に向けた県の支援を求めた。知事は「導入環境を整え、移住を後押しする」と応じた。
 御殿場市の若林洋平市長は富士山麓の環境を生かした「エコガーデンシティ構想」を示し、地域一体で東京一極集中の解消を目指す必要性を説いた。知事は「東部が一体で地域づくりを進める絶好の機会」と述べ、トヨタ自動車が裾野市に整備する実証都市と併せ、県として積極的に支援する意向を強調した。
 延期となった東京五輪・パラリンピック自転車競技を巡っては、三島市の豊岡武士市長や富士市の小長井義正市長がサイクルスポーツを取り入れた地域活性化への意欲を表明し、知事も連携して取り組む考えを示した。
 地域サミットは23日に知事と県西部7市1町の首長で実施する。県中部、伊豆半島の市町長とのサミットも11月に予定している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿