静岡新聞NEWS

浜松市行政区再編「サービス向上」強調 市政報告会で鈴木市長

(2020/10/18 11:35)
行政区再編を進める理由などを説明する鈴木康友浜松市長=17日午前、浜松市南区
行政区再編を進める理由などを説明する鈴木康友浜松市長=17日午前、浜松市南区

 浜松市の鈴木康友市長は17日、同市南区で開いた市政報告会で、最重要課題と位置付ける行政区再編で懸念されている区役所減少による行政サービスの低下について「(効率化を図れば)むしろ向上させることができる」と述べ、行政サービスを低下させない姿勢を強調した。
 鈴木市長は、市議会が全議員の投票で「再編は必要」と結論付けたことを説明し、区再編の議論が「ようやく少し前に進んだ」と指摘。人口減少や少子高齢化など時代の変化に対応するため区をなるべく減らし、市の裁量で運用できる出先機関などの機能を充実させる意向を示した。具体策として再編に伴い廃止される区役所を「行政センター」の名称で地域に残す。
 区割り案や行政拠点配置を検討する今後の行程については「(市議会と協力して)なるべく早く進めていきたい」と述べた。報告会の中では、政令指定都市に二つ以上の区設置を義務付け、区長の配置や選挙管理委員会の設置なども求められている地方自治法の規定も紹介した。
 市長による市政報告会「市政を語る会」は11月21日まで計4回開く予定。初日は市民約90人が参加した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿