静岡新聞NEWS

「お達者度」過去最長 17年静岡県データを公表

(2020/9/18 10:47)
静岡県が算出した「お達者度」の上位5市町と県全体の結果(2017年)
静岡県が算出した「お達者度」の上位5市町と県全体の結果(2017年)

 静岡県は17日、65歳から自立して健康に生活できる期間を示す2017年の「お達者度」を公表した。県全体では男性が18・19年(前年比0・05ポイント増)、女性が21・26年(同0・06ポイント増)で、算出を開始した09年以降で最も長かった。市町別では男性が湖西市の19・21年、女性は御殿場市の22・47年がトップだった。
 県は、要介護度2未満の状態を自立した生活ができる「お達者」と定義し、人口や死亡数、年齢別介護認定の割合などのデータを基に、お達者度を算出している。お達者度が長い市町は特定健診のデータ分析でも、運動や社会参加をする人、バランスのよい食生活を心掛けている人などが他の市町よりも多い傾向が見られるという。
 初めてお達者度を算出した09年に比べ、県全体で男性は0・89ポイント、女性は0・58ポイント伸びた。市町別で伸びが最も大きかったのは男性が熱海市の1・83ポイント、女性は小山町の2・61ポイントだった。
 県健康増進課は「(お達者度の)延伸に向け、県民の健康的な生活習慣や地域活動への参加を促進したい」としている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿