静岡新聞NEWS

新球場など6施設 川勝知事、見直し表明「財源大幅不足恐れ」

(2020/9/17 17:40)

 静岡県議会9月定例会が17日開会し、川勝平太知事は所信表明で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う県税収入の減少を踏まえ、遠州灘海浜公園篠原地区(浜松市西区)の新野球場や県立中央図書館(静岡市駿河区)など6施設の整備計画を見直す方針を示した。「県税収入の落ち込みは避けられず、今後、大幅な財源不足が発生する恐れがある。感染症は社会経済状況や県民の意識に大きな影響をもたらしている」と理由を説明した。
 今後の見通しについて「アフターコロナ時代にふさわしい施設の在り方、機能を検討するほか、優先順位を付けて事業の進捗(しんちょく)を図る」とし、他施設との合築や併設、建物の仕様の見直しによって整備費や運営費の抑制に取り組む考えを示した。事業見直しの方向性に関しては「県議会での議論や県民、関係者の意見を踏まえ決定する」と強調した。
 9月定例会の会期は10月12日までの26日間。2020年度一般会計に28億円を追加する補正予算案など30議案を審議する。補正予算案の歳入はコロナ禍に伴う税収落ち込みのため167億円を減額した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿