静岡新聞NEWS

宿泊料金を最大1万円助成 富士市、15日から第1弾

(2020/9/13 11:50)

 富士市は15日から、市内での宿泊料金を助成する「ふじさんぽキャンペーン」第1弾の受け付けを開始する。最大1万円の宿泊料金助成に加え、タクシー料金やバンジージャンプの料金助成など3種類から選べる追加特典も用意した。
 新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた市内の観光業回復を目的に、2月28日まで3期間に分けて実施する。「じゃらんnet」を通じて予約すると宿泊料金が2万円以上の場合は1万円分など、料金に応じて5千円、3千円、2千円のクーポンが得られる。
 第1弾は9月15日チェックインから、11月16日チェックアウトまでの宿泊が対象で、クーポン計1750枚用意し、予定枚数に達したら終了する。静岡、山梨、長野、新潟4県在住者が利用できる。
 追加特典は3種類から一つを選択する。市特産品セットは、宿泊人数に応じた富士ブランド認定品の詰め合わせを贈る。タクシー助成は市内走行分の運賃を金額に応じて5千円か、1万円割り引く。同市の須津川渓谷にある「富士バンジー」助成は通常料金1万1千円から5千円を割り引く。
 予算額は1千万円で、2021年2月28日までの全期間でクーポン計3500枚を配布する。11月中旬から始まる第2弾、来年1月上旬からの第3弾の利用対象者は、感染状況に応じて変更する。問い合わせは市富士山・観光課<電0545(55)2777>へ。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿