ボーリング結果「直下」示さず JRが新資料【大井川とリニア】

 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、JR東海は25日、都内で開かれた国土交通省の専門家会議で、静岡県内のトンネル掘削箇所周辺で過去に実施したボーリング調査結果の概要をまとめた新たな資料を提示した。ただ、大井川直下部分の詳細な地質資料は示さず、県や地質の専門家が求めていた追加調査の実施に関しても、JRの担当者は明言しなかった。

JR東海が説明したボーリング実施箇所
JR東海が説明したボーリング実施箇所

 トンネルが貫通するまでは、県内から出たトンネル湧水が県外に流出するのは避けられないとする従来の主張は変えなかった。
 JRが今回示した資料には、トンネル本線の2キロ南側での垂直ボーリングと山梨県境付近の大規模断層、支流の西俣川周辺2カ所のボーリング調査結果の概要を記載した。JRは県境付近の大規模断層で「大規模な突発湧水が生じるリスクが大きい」とした。大井川直下に関しては千石非常用トンネルとの交差部について「地質は悪くない」としたが、トンネル本線との交差部には言及しなかった。
 県境付近の大規模断層について森下祐一委員(静岡大客員教授)は「これから調査して断層の性質を知ることは重要だ」と指摘。トンネル工学が専門の西村和夫委員(東京都立大理事)は湧水の全量を県内に戻すのは難しいとの見解を示した。地下水への影響に関連しては大東憲二委員(大同大教授)が、静岡市が過去に実施した精度の高い解析方法の活用をJRに求めた。
 座長の福岡捷二中央大教授は前回会議の後の記者会見で「下流の水利用に対する工事の影響が大きくないという点は、委員が皆そうだねという方向があった」と発言し、他の委員から反発を招いた。この日の会議終了後は全委員が同意したコメントを文書で出し、記者会見には出席しなかった。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0