静岡新聞NEWS

10月リニューアル、三島市民文化会館 感染対策の主催者支援 入場減に最大200万円補助

(2020/7/26 09:54)
10月のオープンに向けて大規模改修工事が進む市民文化会館=三島市
10月のオープンに向けて大規模改修工事が進む市民文化会館=三島市

 三島市は、大規模改修工事を経て10月1日にリニューアルオープンする市民文化会館で、イベントなどの主催者が観客の入場を制限して新型コロナウイルスの感染対策を行った場合、最大で200万円を補助する方針を固めた。関連費用として2660万円を一般会計補正予算案に計上し、29日開催の市議会臨時会に提出する。
 客の間隔を離せば入場できる人数も減らさざるを得ず、事業収支が悪化する可能性もある。市は客数を減らして席を間引きするなどの対策を行う主催者に対し、過去の実績などから試算するチケットの販売率に応じた金額を補助する。対象のイベントは文化会館が共催するなどの自主文化事業で、1件200万円を上限に16件程度の給付を見込む。
 このほか、文化会館の会議室など施設利用のサポート協力金として計300万円を支出するほか、一度に十数人の体温を測定できるAI(人工知能)サーマルカメラも購入する。文化会館は8月末で工事がほぼ終了し、9月に試運転、10月から供用開始となる予定。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿