静岡新聞NEWS

静岡県職員平均84万5千円 公務員に夏ボーナス、6年連続増

(2020/6/30 17:01)

 静岡県内の公務員に30日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。県の一般職員の支給月数は2・250月で、平均支給額は84万5千円(平均年齢42・6歳)。6年連続の増額で、前年同期比0・9%(7千円)増となった。
 県人事課によると、人事委員会勧告に基づく給与改定で期末・勤勉手当の支給月数を前年同期よりも0・025月引き上げ、30代半ばまでの若年層について、手当の算定基礎になる給与月額を引き上げたため、増額になった。
 支給対象は教職員、警察職員、特別職を含めて3万4246人で、支給総額は292億5757万円。前年同期より2・3%、約6億5千万円増えた。
 特別職は前年同期に比べて0・025月多い1・7月分が支給された。知事が320万6965円、副知事262万295円、県議会議長252万1695円、県議205万5810円。
 静岡市は一般職員(平均年齢40・4歳)の平均支給額が75万1631円で、市長は333万7500円。浜松市は一般職員(平均年齢43・5歳)の平均支給額が75万5千円。市長は新型コロナウイルス感染拡大を受けて夏のボーナスの50%カットを申し出ていたため152万7千円となった。沼津市は一般職員(平均年齢40・0歳)が74万4182円で、市長は268万3350円だった。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト