静岡新聞NEWS

JR社長、静岡知事に面会要請 トンネル工事「準備」理解求める

(2020/5/22 07:55)

 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、静岡県は21日、JR東海の金子慎社長から文書で面会要請を受けたと発表した。要請は川勝平太知事宛てで20日付。川勝知事は流域10市町や利水団体に意見を聴いた上で面会に応じるかどうかを判断する。
 文書で金子社長は面会を求める理由に関し、県や流域市町が着手を認めていないトンネル本体工事とは「別の作業」で「準備」と位置付けるヤード整備などの再開について、知事の理解を求めることを挙げた。JRによると、「ヤード整備など」は非常用トンネルや導水路トンネルの出入り口付近の樹木伐採や整地で、地権者との約束で県の同意が必要になっているという。
 文書では、国土交通省が主催する専門家会議の初会合で「あまりに高い要求を課して、それを達成できなければ中央新幹線の着工も認められないというのは法律の趣旨に反するのではないか」などと発言して利水関係者から抗議を受け、同省から指導されたことについて「申し訳なく、重く受け止めている」と記した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト