静岡新聞NEWS

静岡県議の問責案提出へ 県議会、マスク大量出品で

(2020/3/17 07:43)

 焼津市選出の諸田洋之県議(無所属)が新型コロナウイルス感染拡大でマスクが品薄状態の中、インターネットオークションに大量のマスクを出品していた問題で、県議会各会派は16日、諸田氏に対する問責決議案を18日の県議会2月定例会最終本会議に提出する方針で一致した。
 静岡県議会事務局によると、県議に対する問責決議案の提出は県政史上初という。
 静岡県議会は、諸田氏の行為に法的な責任は認められず辞職勧告は見送るものの、議員の立場での道義的な責任や、議会の品位を損ねた影響を重視し、問責決議案の提出が必要と判断したとみられる。
 諸田氏は記者会見で、2月4日から3月6日までの間に医療用マスク2千枚セットなどを89回にわたって出品し、計888万円を売り上げたと説明。道義的な責任を認めて謝罪した上で「市民目線の議員として県民の負託に応えたい」と述べ、議員辞職については否定した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト