静岡新聞NEWS

静岡県税、スマホアプリで納付 5月上旬、収納率向上へ導入

(2020/3/11 07:26)
静岡県税のスマホアプリ納付の流れ
静岡県税のスマホアプリ納付の流れ

 静岡県は5月上旬からの自動車税納付期に合わせ、県税をスマートフォンアプリの「LINE(ライン)ペイ」や「ペイペイ」で納付できる仕組みを導入する。自宅でも簡単に納付できる環境を整備し、6月1日までの自動車税納期内の収納率向上を図る。
 決済アプリをダウンロードし、自動車税の納付通知のバーコードを読み取るだけで納付できる。アプリ事業者から収納代行事業者を経て、県に払い込まれる。自動車税のほか、個人事業税や不動産取得税の納付にも利用できる。
 静岡県によると、スマホアプリ納付の仕組みは2月現在、神奈川県など11府県で導入済み。県内では三島市、下田市、河津町、吉田町、森町が軽自動車税の納付などのために取り入れているという。
 静岡県は昨年の自動車税の納期内納付率が86・3%で、都道府県別の9位だった。コンビニや銀行、クレジットカード、口座振替の納付方法を拡大し、収納率をさらに高める狙い。
 杉沢晃芳税務課長は10日の県議会総務委員会で、静岡県並みの自動車台数の福岡県で昨年、5500件のラインペイ決済があったと説明。「静岡県では1万件の利用を見込み、スマホアプリ納付の利便性をPRしたい」と述べた。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿