静岡新聞NEWS

リニア水補償、JRの直接説明応じず 静岡県に窓口一本化

(2020/2/22 07:28)

 リニア中央新幹線工事に伴い大井川中下流域の水利用に影響が出た場合のJR東海の補償方針について、県が国土交通省から調整を求められた流域10市町へのJRの直接説明の機会は設けられない見通しとなった。21日までに、複数の関係自治体への取材で分かった。
 静岡県は17日に国交省から要請を受け、いったんは前向きな姿勢を示した。しかし、影響回避のため対策を議論している段階で、影響が生じた場合の補償の話を持ち出すJRの姿勢に批判的な市町が多く、県に窓口を一本化してJRから説明を聞き、市町に説明内容を伝えることにした。
 一部の首長は「補償の話よりも影響の回避が先で、順序が逆」「補償で合意すれば、影響回避の対策が甘くなる」と懸念。県は近く、国交省やJRに流域市町の意向を伝えるとみられる。
 JRは7日の県議会最大会派自民改革会議の勉強会で補償方針を説明したが、国交省は内容が曖昧だとして17日にJRを呼び出して県とともに協議し、利水者向けにもっと分かりやすく表現した文書を作るようJRに要請した。JRは2月中にも文書を修正して国交省や県に提示する。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト