静岡新聞NEWS

立民、擁立見送り 衆院静岡4区補選、枝野氏「野党一本化大事」

(2020/2/17 08:11)

 立憲民主党の枝野幸男代表は16日、都内で開いた党大会(立憲フェス)後の記者会見で、望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補欠選挙(4月26日投開票予定)について、「わが党も候補者の擁立を模索したが、野党候補を一本化することが大事だ」と述べ、自前の公認候補擁立は見送り、野党統一候補実現が望ましいとの考えを示した。
 野党は、国民民主党が旧民進党県連4区総支部長を務めた無所属の新人田中健氏を支援する方針を出し、共産党は党中央委員の元職島津幸広氏の擁立を表明している。枝野氏はこれらを念頭に「既に『この候補者でいきたい』と名前を挙げている各野党で調整し、一本化してほしい。その方を応援したい。無理に割って入ろうとは思わない」と述べた。
 補選では、自民党が県議の新人深沢陽一氏の擁立を決めたほか、NHKから国民を守る党の党首立花孝志氏、政治団体代表で会社役員の新人矢内東紀氏も立候補の意向を表明している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト